ディープインパクト

近代競馬の結晶!ディープインパクト

Wikipediaからの引用です

ディープインパクト(英: Deep Impact、2002年(平成14年)3月25日 – 2019年(令和元年)7月30日)は、日本のサラブレッドである。2005年(平成17年)に日本競馬史上6頭目の中央競馬クラシック三冠(無敗での達成は1984年のシンボリルドルフに次いで2頭目)を達成、2006年(平成18年)には日本調教馬としては初めて芝部門・長距離部門で世界ランキング1位となった[6][7]。種牡馬としては2012年から2018年の日本のリーディングサイアーである[8]。

このほか2005年にJRA賞年度代表馬・最優秀3歳牡馬、2006年に年度代表馬・最優秀4歳以上牡馬を受賞し[9]、 2008年(平成20年)には顕彰馬に選出された[10]。

 

個人的に印象に残ったレースは2005年の若駒ステークスでした

まず絶対に届かない位置からの追い込みは後世に語り継がれるだろうレースです。

これをディープインパクトのベストレースに挙げる人も多いはず。

ノーステッキで追い込んできたときに、三冠は確定したと思いました。

あと残念だったのは、やはり凱旋門賞だったと思います。

他にも様々な日本調教馬たちが挑戦していましたが、後にも先にもあれだけ期待値の高かった馬はいなかったと思います。

結果は釈然としませんでしたが、やはり彼が日本調教馬で最初に凱旋門賞を勝って欲しかったと今でも思います。

今はその子供、孫たちにその思いを託したいと思います。